埋没毛の解消方法(改善方法)|お金をかけたくないという場合は?


埋没毛で悩んでいて、その解消方法や改善方法を知りたい!という女性は、思っている以上にたくさんいます。

幼いころから母親のマネをして、カミソリで足の毛を剃り続けていたら埋没毛になってしまって、スカートが履けなくなった・・・

毛抜きで抜き続けていたら、ワキに埋没毛ができてしまい、自分で出そうとしたけど、内出血のようになって赤くなってしまった・・・

なんとかして埋没毛を解消したい!

でも、お金は、あんまりかけたくない!

今回は、そんなお悩みを改善する方法を、記事にしてみました。



これ以上、埋没毛を増やさないために

そもそも、埋没毛は、毛抜きやカミソリでムダ毛を処理する時に、皮膚が傷つき、かさぶたが出来ることで毛穴をふさいでしまって、毛が皮膚の表面に出てこられなくなることが原因で起こります。

ですので、これ以上、埋没毛を増やさないためには、毛抜きが一番皮膚にダメージを与えるので、まず、これをやめる。

そして、カミソリで処理しているのであれば、まず、回数を減らす。

なにごとも、やりすぎは禁物。

足や腕ならば、2週間くらい間隔をあけ、お肌のダメージが回復するのを待って処理することが大切です。

また、疲れているときや体調が悪い時、そして、生理前などは、お肌の回復力が落ちているので、そういったときにムダ毛処理をするのは控えましょう。


カミソリで処理するときは

そして、カミソリで処理するときは、できるだけお肌にダメージを与えないために、事前にお風呂に入るか蒸しタオルで温めて、お肌をやわらかくしておく。

もちろん、炎症などが起こるのを避けるために、剃る部分をよく洗っておくことも大切です。

T字型のカミソリを使っているなら、できるだけ新しいものを使う。

カミソリは1回使うだけでも細かい刃こぼれをおこすので、それが毛にひっかかり、お肌を傷つける原因になります。

また、使用済みのカミソリは、すぐに雑菌がつくので、その雑菌が2回目以降の使用時に、肌荒れの原因になったりもします。

なので、理想を言えば、毎回、使い捨ての新しいカミソリを使うか、毎回、刃を交換して使いたいものです。

そして、剃った部分を水で冷やしたタオルで鎮静させたり、敏感肌用の保湿クリームやローションを塗って、アフターケアをしっかり行うのも、これ以上、埋没毛を増やさないためには大切です。



埋没毛の解消方法(改善方法)

さて、ここからは、できてしまった埋没毛を、どうするかというお話。

まずひとつ知っておきたいのは、埋没毛は自然に皮膚に出てきたり、成長が止まった段階で自然に分解され排泄されることもあるということ。

なので、自然に解消させたい、改善したいということであれば、先ほどお話ししたようなことに気をつけながら、できるだけお肌に負担をかけないようにするのが1つの方法です。

それでも症状が改善されず、埋没毛を繰り返す場合は、その部分を皮膚科やクリニックで永久脱毛の処理をしてもらうのがよいのですが、当然、お金の心配もあるでしょう。

ただ、最近は、皮膚科やクリニックの脱毛が、かなりお安くはなってきましたので、いち早く安全にキレイにしたいという場合は、そういった方法も検討してみる価値はあります。


スクラブを使って表面の角質をとりのぞく

また、自宅で簡単に出来る「ボディスクラブを使って表面の角質をとりのぞいてあげる」という方法もあり、スクラブで角質を落としたあとにお肌をやわらかくする保湿クリームなどでケアすることで、埋没毛が解消されることもあります。

ただ、スクラブを使うときも、やはり、やり過ぎは禁物。

カミソリでの処理と同じで、スクラブも、やり過ぎると、角質を厚く、硬くするので、肌トラブルの原因になってしまいます。

毎日するのではなく、週に1回くらいが、ちょうどよいと言われてます。

また、スクラブも、やはりお肌には負担がかかるので、ゴシゴシこするのではなく、優しくなでるのが上手な使い方。

そして、最近は、天然保湿成分などが配合されたスクラブもあり、こういったものは、新たな角質がたまるのも防いでくれる効果が期待できます。

スクラブは、優しく落とすもの、しっかり落とすものなど、いろんな種類があり、テクスチャーにも柔らかめのもの、固めのものなど様々です。

また、敏感肌の方向けには、低刺激・敏感肌用などのスクラブも出ていたりもしますので、お試しやトライアル製品などを上手に取り寄せながら、自分にあったものを選ぶようにするとよいでしょう。


>>脇毛を毛抜きで抜かないほうがよい3つの理由