脇の下のムダ毛処理の正しい方法


ワキの下のムダ毛処理は、見た目のことだけではなく、汗のニオイを予防するためにも1年中欠かさず処理すべきものです。

でも、正しいムダ毛処理の方法を知っておかないと、炎症を起こしたり、鳥肌みたいに毛穴がブツブツ盛り上がったり、いろいろお肌にトラブルが起こってしまいます。

そうならないためにも、正しい知識を身につけて、自分にあった方法で処理するようにしましょう。



脇の下のムダ毛処理、あなたは”剃る派”?”抜く派”?

ワキの下のムダ毛処理の方法は、カミソリや電気シェーバーで剃る方法や、毛抜き、ワックスシート、家庭用脱毛器などで抜く方法など、さまざまな方法がありますが、多くの人が「抜く」か「剃る」か、どちらがいいのか悩んでいるようです。

剃るか?抜くか?

どちらの方法が、お肌へのダメージが大きいかというと、一般的には「抜く」ほうが、カミソリやシェーバーで「剃る」よりもダメージは大きくなるといわれてます。

なぜなら、「抜く」という方法は、毛のまわりの皮膚や細胞なども、ひきちぎってしまうから。

特に「毛抜きで抜く方法」は、お肌への負担が大きくて、埋没毛をはじめとする肌トラブルを引き起こす原因に。

それについては、「脇毛を毛抜きで抜かないほうがよい3つの理由」という記事で詳しく書いてますので、よかったら、そちらも読んでみてください。

もし、今も毛抜きでプチプチ、ムダ毛を処理しているなら、今すぐにでもやめたほうがよいでしょう。



脇の下のムダ毛処理は、毛の流れと同じ方向に剃るのがポイント

脇の下の毛は、よく見ると、生えている方向が上下に分かれています。

カミソリでムダ毛を剃るときは、毛の流れに逆らわないように剃るのが、お肌を傷つけないコツ。

ワキの中央から下向きに生えている毛は、カミソリを下方向に動かして剃っていき、中央から上向きに生えている毛は、上に向かってカミソリで剃っていきます。

また、ワキの下は表面がデコボコしていて、剃りづらい場所でもあるので、お肌の角質を削り取ってしまうのを少しでも避けるために、シェービングクリームなどでお肌のすべりをよくしておくのも大切。

そして、お肌のことを考えると、できればカミソリは使い捨てで毎回新しいものを使うか、ひんぱんに刃を交換するようにしましょう。

カミソリの刃は、1回使うと、目には見えないけど、小さな刃こぼれを起こしています。

刃こぼれを起こしたカミソリを使うと、その刃こぼれが毛に引っ掛かり、結果、お肌を傷つけることになるからです。

あと、カミソリで剃ったあとは、お肌の角質もうすくなっているので、乾燥しやすく敏感な肌になっています。

ですので、敏感肌用保湿クリームなどで、しっかりと保湿ケアを行うことも大切です。



女性用電気シェーバーを上手に使うと、お肌への負担はさらに軽く

パナソニックのサラシェのような女性用電気シェーバーを上手に使うと、カミソリで剃るよりも、さらにお肌への負担が少なくなります。

そして、なんといっても、女性用電気シェーバーで剃る方法は、カミソリと比べ、お手軽簡単なのがメリットです。

ただ、カミソリで剃るにしろ、電気シェーバーで剃るにしろ、皮膚の表面の毛を剃っているにすぎないので、毛根は残ります。

そのため、毛が濃い人なんかは特に、剃りあとが黒く(青く)残ってしまい、それが嫌だという方もいるでしょう。

そういった場合は、やはり、いかにお肌に負担をかけずに、スルッと、ムダ毛を「抜く」かということを考えなければいけません。



ワックスシートで抜くのは、ちょっと微妙

脇の下のムダ毛を、ヴィートのワックスシートなどで、一気にベリッと処理している方などもいますが、お肌への負担を考えると、ちょっとビミョー。。。

毛抜きと比べると時間もかからないし、敏感肌用のものがあるくらいなので肌への負担についても考えられてはいるのですが、とはいえ、上手に使わないと皮膚を剥離してしまったりアザができることだってあります。

また、ワックスシートって、使い慣れるまでは、なかなか要領がつかめず、うまくいかないっていう声も。



光を毛根に照射してスルッと抜いちゃう家庭用脱毛器

いかにお肌に負担をかけずに、スルッと、ムダ毛を「抜く」かということを考えると、家庭用脱毛器を使うという方法もあります。

最近は、エステサロンで行われている「フラッシュ脱毛(毛根に光を照射して抜く方法)」ができる家庭用脱毛器が売れ筋。

今、家庭用脱毛器で、特に人気があるのは、ケノンですが、ちょっと値段がお高いのが難点ですが、お肌のことを考えると、これくらいの投資はアリかも?