脇毛、抜く?剃る?あなたはどっち?美肌につながる処理方法は?


脇毛は抜くの?剃るの?正しい脇毛の処理の方法を知っておきましょう♪

脇毛の処理には、いろんな方法がありますが、多くの人が「抜く」か「剃る」か、この2つのどちらがいいのか悩んでいるようです。

いろいろとネットで検索して調べたりしていると、毛抜きを使って1本づつ抜いていく方法が、絶対やっちゃダメと言われてます。

理由は、後から生えてくる毛が埋もれたり(埋没毛)、黒ずみになったり、毛穴が傷ついたり、赤くなって炎症を起こしたりと、いろんなトラブルを起こしやすいから。

これはたしかに、美容外科や皮膚科の先生も言ってることなので、正しい意見です。

ただ、だからといって、抜くのが絶対ダメで、剃るほうが良いのかというと、そうでもありません。

カミソリで剃るのだって、正しい方法を知らなければ、細かい傷がついて、そこから雑菌が入ってかゆみが出たり、シミになったりすることもあります。

大事なのは、どうずれば、お肌にダメージを与えずに、ムダ毛を処理できるか。

そのために、まずは、抜くにしても、剃るにしても、それぞれの方法に、どんなメリット、デメリットがあるのかを、しっかり知っておきましょう。



剃る?抜く?溶かす?ムダ毛処理の方法あれこれ

まず、自宅で脇毛を処理する方法に、どんなものがあるか、そこから考えてみましょう。

剃る方法
・カミソリ
・電気シェーバー

抜く方法
・毛抜き
・ワックスシート
・家庭用脱毛器

溶かす方法
・除毛クリーム



カミソリは使い勝手もよく肌への負担も少ない

T字型のカミソリで剃るのは、他の方法に比べると使い勝手も良く、お肌への負担も少なくすむことがメリットです。

ただ、毛が濃い人なんかは特に、剃ると毛の断面が広く見えちゃうので青ヒゲのようになったり、深剃りできずに毛先がとがってチクチクしたり・・・

また、いくら負担が少ないからといっても、お肌の上に刃をあててるわけですから、正しくケアしないと、剃ったあとにお肌が乾燥して、かゆくなったりもしますので注意が必要。

剃る前に、しっかりお肌を温めてやわらかくしたうえでシェービングクリームを使い、剃り終わった後もきちんと保湿ケアすることは大切です。



電気シェーバーは深剃りできてラクチン

電気シェーバーは、なんといっても、そのお手軽さが最大のメリット。

T字型のカミソリよりは、わりと深剃りできるので、それまでカミソリで処理してた人なんかは、仕上がりに満足する人も多かったりします。

ただ、深剃りできるぶん、気をつけないと皮膚まで傷つけてしまうことも。



毛抜きは手間もかかるしトラブルが多いので×

脇毛は剃ると、剃り跡が汚くなるから、ヒマを見つけてはプチプチと毛抜きで抜いているという人がけっこういますが、お肌のことを考えると、あまり良い方法ではないので、おすすめはできません。

脇毛を毛抜きで抜かないほうがよい3つの理由」という記事には詳しく書きましたが、毛抜きで抜くのは、剃るのと比べ、一見、キレイに処理できたような気はしますが、埋没毛をはじめとした肌トラブルを起こすリスクがかなり高いです。

また、脇毛をずっと毛抜きで抜き続けていると、だんだん皮膚が硬くなってしまい、しまいには、しこりのようなものができてしまうことも。



ワックスシートは一度にたくさん抜けるのがGOOD

ワックスシートは、毛抜きで抜くよりも一度にたくさん抜けるのがメリット。

お肌への負担も毛抜きよりは少ないです。

ただ、上手に使えるようになるためには、ちょっとしたコツを覚えなければいけないのと、敏感肌の人などお肌の弱い人は、かぶれてしまうリスクも。



自宅でエステ感覚で脱毛できる家庭用脱毛器

最近は、エステサロンと同じように脱毛できる家庭用脱毛器が人気を集め、とても売れています。

もちろん、使用方法はしっかり守らないといけませんが、正しく使えば、カミソリで剃ったり毛抜きで抜くよりも、お肌への負担も少なく、仕上がりもきれいです。

ただ、若干、お値段がはるのが難点でしょうか。


毛根が傷つかず、やさしい除毛クリーム

除毛クリームは、抜くのでもなく、剃るのでもなく、その成分を毛のたんぱく質に作用させて毛を溶かすしくみです。

毛抜きで抜くのとは違って毛根は残りますが、カミソリで剃るよりも仕上がりはキレイですし、なによりお肌の負担が少ないのがメリット。

最近は、美肌効果が期待できる除毛クリームや、敏感肌用の除毛クリームなども売られています。